中小企業のための賃金制度セミナー「合理的な仕組みで決める実力賃金」

“コツコツ頑張る社員をもう流出させない!” 

 

≪社員が理解しやすい給与決定ルールの確立≫

 

 人手不足という言葉は毎日のように新聞等で取り上げられ、中小企業経営者にとって『人材の確保・定着』は最優先課題となっています。

 まず始めに会社が着手すべきは、社員のやる気に最も影響を及ぼす、賃金制度の整備・改善です。シンプルで納得感の高いルールを確立することが、社員の安心感と向上心に繋がります。“仕事力の差を制度で給与に反映する仕組み”によって社員が成長し、同時に経営者の賃金決定に関する悩みも解消できます。

 本セミナーでは、多くの企業で採用され続けている『弥富式賃金制度』について、分かりやすく解説いたします。

「シンプルで効果的な賃金制度を探している」という経営者・人事総務責任者の皆様は、ぜひこのセミナーにご参加ください。

 

  

■日 時 : 2018年 4月 19日(木) 

     13:00 ~ 16:30  (受付開始  12:30) 

■会 場 :   あうるすぽっと 〔豊島区立舞台芸術交流センター〕

東京都豊島区東池袋4-5-2  ライズアリーナビル3F

(JR「池袋駅」より徒歩10分、東京メトロ有楽町線「東池袋駅」より直結)

 

■講 師  賃金管理研究所 コンサルタント 高橋 智之 

 

■受講料    10,800円(税込) 

 

※お申し込み確認後に、郵送にて受講票、ご請求書等をお送りいたします。

※受講料はご請求書到着後に、銀行振込みにてお支払いをお願いします。

※開催日2日前以降のキャンセルにつきましては、キャンセル料5,400円を申し受けます。

 

 

 

【セミナー内容】

「社員が理解できる合理的な給与決定ルール」を確立するための

〔自社の問題点・課題を知る〕

●社員が定着しない、人が採れない、不平不満の原因はどこか? 
●賃金水準、社内バランス、採用初任給の水準、低い賃上げ率、etc.

●昇格運用、評価制度の運用状況は? 

〔目指すべき賃金制度の姿とは〕

= シンプルで分かりやすい給与制度でなければ、安心感と納得感は得られない =

●職制(役割責任)に準拠した等級制度と社員の適正な格付け
●インセンティブを引き出す「実力査定昇給」ができる賃金表

●合理的で納得できる手当の決め方(基準・額)

〔改善のポイント〕

1)抜本的な対策法

●自社体力に見合った賃金表を整備する

●あるべき組織の姿と人事の根幹「責任等級制度」の構築

●戦略的ベースアップ、社内アンバランスの是正法

2)対症療法としての対処策

●採用初任給の引上げ策/中途採用者の賃金決定

 

 

 ※セミナー内容は変更になる場合もございます。

 

  

 <主催/お問合せ先>  賃金管理研究所  電話03-3953-6761

 

※同業者の参加はお断りする場合がありますのでご了承下さい。