「給与」「人事評価」コンサルティング専門の『賃金管理研究所』 〒161-0033 東京都新宿区下落合3丁目17-25
03-3953-6761
受付時間受付時間 9:30~17:00 土日・祝日除く
image

  

 《 11月 経営者向けセミナー 》

 

 賃金人事5つの節目と5つの人事評価制度

 

『年末賞与決定と賃金上昇への対応策』

 

  従業員の活躍場面を賃金人事の面から整理してみると評価を伴う5つの節目があり、この節目を上手にクリアすることで、労使の信頼関係は熟成され、職場は活性化し、従業員のやる気と向上心は高まり、会社も従業員も成長していきます。

 この5つの賃金人事の節目とは、1)仕事を担当する適材の採用のための人物評価に始まり、2)6ヶ月ごとの賞与配分と成績評価、3)1年間の給与を決める定期昇給と仕事力評価、4)事業展開を支える適正配置と人材評価、そして5)企業の明日を築く実力社員の登用、昇格昇進のための人事評価と進んでいくことになります。

 そこで11月の実務セミナーでは、この5つの節目で特に重要な役割を担う「成績評価」、納得の「賞与分配」を実務実習、加えて年2回の成績評語を重要な根拠とする「実力昇給」を検証していただきます。

 社長・役員・実務担当長はもとより、明日を託す事業継承者・実力幹部の実務研修の場としてご活用いただきたく、ご案内申し上げます。

  

■日 時 :

 【東 京】 2018年 11月 7日(水 10:00 ~ 16:30

   【大 阪】 2018年 11月 9日(金 10:00 ~ 16:30 

  

■会 場 : お申し込み承り後、主催者(日本経営合理化協会)よりご案内させていただきます。

 
■講 師: 賃金管理研究所 所長  弥富 拓海
  

 

■受講料:   45,000円(税込 / テキスト・資料・昼食・喫茶等を含みます)

 

※各会場とも、当研究所のコンサルタントがセミナー会場内で皆様のご質問を受け付けます。

 まとまった時間のご相談、セミナー時間外での面談希望などがある方は事前にご連絡ください。

 (=>「お問い合わせ」へ)。担当者よりスケジュール調整のご連絡を差し上げます。 

  

  

※主催者(日本経営合理化協会)より受講票、請求書等を郵送いたします。 

  

主催/お問合せ先


日本経営合理化協会
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
 TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

【セミナー内容】

 

 人手不足で上がり続ける賃金。企業存続のため、今やるべきコト。

1.年末賞与対策 … 例年通りでは社員の士気は間違いなく低下する

 

■「過去最高額」は当たり前!上がり続ける賞与、自社はどう対応する

 ●各社人材の囲い込みへ。《業種、規模、地域別》賞与支給の最新実態

 ●急騰する若手の待遇

 ●部門間格差の考え方

 ●利益に対する適正賞与分配率は

 ●納得感を最大化する分配方法

 ●業績と人材定着を考慮した「賞与原資の決め方」 

2.人事評価と適正格差 … 額より納得感。限られた原資を有効活用せよ

  ■《不満のもとは評価にあり》成果と努力を認めれば社員はヤル気を取り戻す

 ●「なぜあいつよりオレの方が賞与が少ないのか…」社員が不満を抱く理由と解決策

 ●誰にいくら払うか。個人/部門/事業所…業績反映のさせ方

 ●成果と過程が公正に評価できる「評価基準」の設け方

 ●評価に応じた格差のつけ方

 

実技指導 評価者訓練の実施と評価制度の運用ポイント

 

◎ 成績評価と評語決定の具体的やり方

◎ 評語誤差の調整方法

◎ 甘辛・部門間格差の調整方法

◎ 評価期間と実施日

◎「成績評価報告書」の記入法

◎ 評価にもとづいた賞与額の決め方

◎ 面接制度とフィードバックのやり方

◎ 経営幹部の評価方法…等

 

3. 非正規社員の待遇改善 … 会社を支えるパート・アルバイトへどう報いるか

■進む《非正規から正規》への雇用転換。人手不足で「取り合い合戦」加熱!

 ●人手不足で時給高騰。飲食、土木、建築、小売、サービス…人件費高への対処法

 ●福利厚生、労働時間改善…時給アップ以外で社員に報いる方法は

 ●各社囲い込みへ。派遣/契約/パート/アルバイト…社員登用と初任給の決め方

4. 制度改革 … 制度を整えれば、人件費は社長の意のままに管理できる

■もう戻らない賃金上昇。いま手を打たなければ、来年はさらに苦しくなる

 ●【新卒】高騰する世間水準に合わせた初任給設定と調整カーブの描き方

 ●【中途採用】本人希望額と在籍者バランス

 ●基本給/退職金/再雇用…制度見直し

 ●総額人件費を柔軟にコントロールする「賃金テーブル」と「定期昇給制度」の

  つくり方

 ●役付きの整理整頓

 ●等級替えを考慮した昇・降格制度の採用 

 

  

※主催者(日本経営合理化協会)より受講票、請求書等を郵送いたします。 

  

主催/お問合せ先


日本経営合理化協会
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
 TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048


副所長 大槻幸雄による賃金人事ブログです。

-> ブログへ

Facebook