「給与」「人事評価」コンサルティング専門の『賃金管理研究所』 〒161-0033 東京都新宿区下落合3丁目17-25
03-3953-6761
受付時間受付時間 9:30~17:00 土日・祝日除く
image

賃金実務講座6月 『人を活かす「人事評価」と賞与・昇給・昇格登用への実務反映のさせ方』

~全社員をヤル気にさせる「成績評価」と「賞与決定」~

 

 仕事のできる社員が、静かに辞めてしまった。社長として理由に心当たりはない・・・

 

 そのような、社員からの突然の反発に冷や汗をかいた経験はないでしょうか?

 それは、一所懸命に働き、利益に貢献している社員に報いる制度に手抜かりがあったからに他なりません。

 社員の頑張りに応じた評価をし、昇給や賞与額に反映させ、処遇を与えなければ、社員は不満に思い、徐々に働く気を無くします。そして、コロナ禍での不安など、何かきっかけがあると退職に繋がってしまいます。

 中小企業は「優秀な人材の定着=企業の発展」です。それなのに、これからという時に辞められてしまう。その上、その社員に払っていた給料以上の金額を提示しても、能力の数段劣る人しか採用できない。人不足時代、このような悪循環に陥っている企業は非常に多くあります。

 どのようにすれば、我が社こそ安心して働き続けるに値する企業だと社員に確信してもらえるのか。

 その最初の一手が、貢献度に応じた公正な給料・処遇決定ができる賃金制度の構築であり、社員が「報われている」と実感できる評価と処遇の仕組みの構築なのです。 

   

■日 時 :

   【東京・オンライン(同時開催)】  6月11日(金) 10:00 ~ 16:30  ホテル雅叙園東京

 【大阪】  6月8日(火) 10:00 ~ 16:30  ホテルニューオータニ大阪

 

■講 師: 賃金管理研究所 所長 大槻 幸雄  

 

■受講料:   55,000円(税込)/1名 ※テキスト、資料を含みます。会場参加の方は、昼食(お弁当)をご用意します。

※主催者(日本経営合理化協会)より受講票、請求書等を郵送いたします。 

 

主催/お問合せ先

日本経営合理化協会
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
 TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-8715

  ----------------------------------------------------------------------------------------------

 

【セミナー内容】2021年の夏季賞与決定と、人を活かす評価と処遇反映

1.2021年の夏季賞与決定 ~横並びの賞与決定では対応できない

 

■前年より、絶好調な企業、絶不調な企業。賞与についてどう考えるべきか

●今年の夏季賞与の動向と自社賞与総額の決め方

●出さないのは論外、出し過ぎもダメ

●対応を間違うと、優秀な社員から辞めていく

●その支給の仕方で社員のやる気は高まるか?

2. 人を活かす評価と処遇を実現する =「成績評価制度」の作り方

 

■激変する経営環境下での《賞与・昇給・昇格昇進》決定の基準づくり

●評価する側、される側。双方が納得できる制度

●社員10名を超えると社長の勘ではダメ

●評価の納得感を高める5つの決めごと

●誰が誰を評価するか/期間/要素/評価尺度

●5つの評価場面と相対評価・絶対評価

●お互いが切磋琢磨する風土を根付かせる

 

《ヒナ形配布》成績評価基準書、評価誤差の調整用紙、成績評価記入要領…実物と使い方

3.《指導現場の最新活用事例》 ~成績評価の進め方と処遇反映の実務

 

《賞与》への反映のさせ方・・・2021年夏季賞与の個別配分のやり方

◎賞与を安定分と成績比例分で構成する

◎納得度が高い「一点単価方式」による個別配分式

◎出欠勤、遅刻早退、有給休暇残、問題行動…などの賞与への正しい反映のさせ方

《昇給》への反映のさせ方・・・能力向上と昇給額をリンクさせる「定期昇給制度」

◎賃金改定時に陥りがちな問題点をズバリ指摘

◎社長の「温情」で年功賃金に逆戻り

◎昇給させる3つの根拠

◎ヤル気を最大に高めるには、A評価を中心に設計する

《昇格昇進》への反映のさせ方・・・本物の実力者だけを幹部に登用するキメ手

◎各人の『持ち味』『ハマリ役』を見い出す

◎新しい昇格昇進基準

◎自己申告制度と配置転換

◎専門職・エキスパート職の対応

◎評価を活用した昇格昇進制度と人材育成の進め方

4.人手不足を円満解決! 『70歳定年』時代の賃金・処遇のやり方

 

●人手不足対策は、高齢者の労働力の最大活用がカギ

●定年延長か、再雇用か。どちらを選ぶか

●当研究所が推奨する、シニア社員の人事・賃金・評価の実務

●『賞与』を支給すべきか?

●定年前と同じ仕事でも、給料を減らすことはできるのか?

●シニア社員の引退過程

※主催者(日本経営合理化協会)より受講票、請求書等を郵送いたします。 

 

主催/お問合せ先

日本経営合理化協会
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
 TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-8715

 


所長 大槻幸雄による賃金人事ブログです。

-> ブログへ